一口馬主

一口馬主gejigejiの出資馬一覧

2014年から合計で11頭の馬に出資してきました。2020年9月12日現在で総出資額は660,000円、通算10勝を挙げています。主な勝鞍は2020年のレディスプレリュード(G2・大井・ダ1800m)です。一口馬主7年目にして初めての重賞勝利を挙げることができました。

このページではそんなgejigejiの全ての出資馬を生まれ年ごとに分けて紹介していきます。

2013年生まれ

  • カープストリーマー(牡)/引退/23戦2勝
    • 1口出資額:55,000円
  • ファルセータ(牡)/引退/2戦0勝
    • 1口出資額:40,000円

記念すべき一口馬主としての初勝利はカープストリーマーでした。デビュー戦の新馬戦から2戦連続で2着の後、3戦目にして未勝利戦を勝ち上がってくれました。その後3歳春には500万を勝ち2勝目を挙げ、ニュージーランドT(G2)で重賞初挑戦し、NHKマイルC(G1)出走するのでは!?と興奮させてくれましたね。結果は11着と残念でしたが、その後もラジオNIKKEI賞(G3)にも挑戦してくれました。2019年の引退まで惜しくも3勝目を挙げることはできませんでしたが、息長く走ってくれました。

一方のファルセータでは一口馬主として初めての故障を経験しました。デビュー前に骨折してなかなかデビューできず、やっとデビューして2戦して再度の骨折で未勝利のまま引退と、一口馬主の洗礼を浴びました。

2014年生まれ

  • ネオフレグランス(牝)/引退/13戦3勝
    • 1口出資額:30,000円
  • キュンメル(牝)/引退/6戦0勝
    • 1口出資額:30,000円

この世代の稼ぎ頭はネオフレグランスでした。記念すべき一口馬主として初の新馬勝ちをもたらしてくれたのがこの馬でした。

新馬戦の動画です。最終コーナーで内から他馬に寄られて外にけっこう膨れています。それでも態勢を立て直してからの伸びは素晴らしいの一言。鮮やかに差し切ってくれました。

410~420kg台の小柄な馬体で一生懸命走る馬で、掲示板率は50%以上、計3勝を挙げてくれました。最後の直線での切れ味はなかなかのものがありましたね。無事に競走生活を終えて繁殖入り、2020年にはルーラーシップの牝馬を生んでいます。この子がキャロットで募集されたら間違いなく応募します。

2015年生まれ

  • クルスブランカ(牝)/引退/6戦0勝
    • 1口出資額:40,000円

2016年生まれ

  • マルシュロレーヌ(牝)/現役/16戦6勝
    • 1口出資額:75,000円
    • 主な勝鞍:レディスプレリュード(G2)、TCK女王盃(G3)

3歳2月にデビューし、勝ち上がりに5戦を要したマルシュロレーヌですが、初勝利を挙げてからは順調に勝ち上がりました。4歳時には福島牝馬S(G3)・マーメイドS(G3)と芝重賞に挑戦。9着・6着という結果でしたが勝馬から1秒も離されておらず、今後に期待の持てる内容でした。芝からダートに戦場を移してからは完全に覚醒しました。桜島S(3勝クラス)・レディスプレリュード(G2)と圧巻のパフォーマンスで連勝し、1番人気で臨んだJBCレディスクラシック(G1)では3着と惜敗しましたが、休養してから年明けの復帰戦TCK女王盃(G3)ではきっちりと雪辱を果たしました。2021年は最高の滑り出しで、今後のさらなる活躍が期待されます。

2017年生まれ

  • ナスタチューム(牝)/引退/5戦0勝
    • 1口出資額:75,000円
  • バインドウィード(牝)/引退/1戦0勝
    • 1口出資額:45,000円
  • ユールファーナ(牝)/現役/7戦1勝
    • 1口出資額:45,000円

2018年生まれ

  • ブッシュフェルト(牡)/デビュー前
    • 1口出資額:50,000円
  • サンヴィセンテ(牝)/現役/1戦0勝
    • 1口出資額:60,000円
  • ヴァルドレス(牝)/引退/1戦0勝
    • 1口出資額:75,000円

2019年生まれ

  • ブリトマルティスの19(牡)/デビュー前
    • 1口出資額:40,000円

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です