ベンチャー企業あるある

【ベンチャー企業あるある】役割や求められるものが突然変わる!

拡大期のベンチャーでは目まぐるしく人材が流動します。配置してみてフィットしなければ動かす。それもかなりのスピード感で。思ってもない部署に異動になり、職種が変わってしまうケースも。

さらには、流動するだけでなく、ものすごい数の人が中途入社で入ってきます。入社したと思ったら、最近買収してグループ化した関連子会社に初っぱなから出向になったり。マネージャー職だった人がさらにできる人の入社によってマネージャーから降格になったり。

そんな境遇の人たちにずけずけとインタビューして心境を教えてもらったので記事にまとめます。

入社したあとに役割が変わるパターン

職種が変わってしまうパターン

爆増する売上、増える一方の案件。これはまずい!人材が足りない!人事部をすぐに強化しないと!

こんな感じで、こないだまで営業だった人が突然人事にいかされたりします。

渦中の人に質問してみた

ぶっちゃけどうなんですか?突然未経験の職種に変えられてしまうのって。希望もしてないのに。
驚きましたけど、楽しいっす!

変化に強い人が集まる文化でもあるので、平気なようです。会社が伸びてるのもあるでしょう。

携わる事業内容が変わるパターン

第2の売上の柱を作りにいく!新規事業の立ち上げだ!

既存事業のマーケティング部門の人が当然に新規事業のマーケティングを担当することになったりします。

渦中の人に質問してみた

ぶっちゃけどうなんですか?新規事業って予算も既存事業より限られますし。花形とは言えないですよね?

これはこれで面白いかな~ってw

前向きですよ!

肝が座ってると言いますか、ポジティブです。本当にそれほど気にはしていないようですね。

降格されてしまうパターン

優秀な人の入社によってマネージャーの座を奪われてしまうケースも見ました。

その人は、若いベンチャー企業に入ってCMO(Chief Marketing Officer)の座を狙っていました。ところが、勢いのある会社にはどんどん優秀な人が入ってきます。

こうなるとところてん方式です。CMOどころか、マネージャーのタイトルを奪われてしまいました。

渦中の人に質問してみた

大変そうですね。大丈夫ですか?
いやー、モチベーションなくすね、、給料も下がったし。社長にワンオンワンで面談してもらったけど、貢献してないからしょうがないって言われちゃった。

さすがにこの人は前向きにはなれないようです。ただし、後からその座に就いた人の方がパフォーマンスが高かったことは確か。

入社する前に役割が変えられてしまうパターン

入社してない人の出向が入社前に決まってしまうパターン

その人の入社は以前から決まっていたのですが、前職を退職して入社してくるまでに数か月かかります。その間に、買収した会社への出向が決まってしまったというわけです。

これはけっこうコンプライアンス的にスレスレ感がありますよねw買収したと言えど別会社ですしね。その会社に入社するつもりでいたら別会社に出向。けっこうなインパクトです。

渦中の人に質問してみた

ぶっちゃけどうですか?戸惑うどころの話じゃないですよね?

戸惑いを超越しましたね。でも面白そうだからOKです!

清々しいまでにカルチャーにフィットしていましたw

その関連会社の事業が業界的には目新しいことも受け入れられやすい要因となっています。が、それでも戸惑いますよね。こんな感じのスピード感なのです。

まとめ:変化を楽しめるかどうか

変化を前向きにとらえられる人にはかなりいい環境かもしれません。経験値を増やせるチャンスが多いという事ですからね。逆に変化がストレスになる人は要注意です。

そして、ゆるふわ大企業感覚で肩書をリッチにしたいがために若い会社に移ろうと考えている人は足元をすくわれるかもしれません。

あとは中途入社でベンチャーに行く人は、現職の有休消化期間中にもその会社が絶えず流動しているという事を理解しておいた方がいいですね。

本当は年収800万もらってもいいんじゃない?

まだ自分の適性年収把握していないの?

ビッグデータ×AIで自分の想定オファー年収をいますぐ算出!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です