第二新卒の転職

就活生は大企業目指すな!大手の営業志望なんて口が裂けても言うな!

今回の記事は、こんなこと考えてる人が読むとキャリアプラン設計の役に立つと思います。

  • 就活を始める時期がきてる
  • 周りが就活をやるから自分も多分やる

そんな人にむけて、大手日本企業・大手外資系起業・ベンチャー企業を経験している私が、「もし自分が大学生に戻れるならこうする」とか、「就活する大学生に気を付けて欲しいこと」をまとめます。

自分が進むべき道に最短距離でたどり着いて欲しい。そんな思いで記事を書きました。

役に立つと嬉しいです。

就活ルールとは

企業が就活学生に内定を出すまでの一連のアクションに関するルール。

遵守するかどうかは企業の自主性に任せられています。

  • 説明会は3月から
  • 面接は6月から
  • 内定は10月から

※ルールを守らなくても罰則はない。

要するにみんなでタイミング合わせて新卒採用を始めようねってことです。

2018年、その就活ルールに関してこんなニュースが配信されてましたね。

「経団連が就活ルールを撤廃か」

マジでどうでもいいですね。

罰則がないなんてそもそもルールとして機能しないでしょう。

根本的に、人材の採用なんてものは採用する必要のある時期にそれぞれの企業が勝手にやればいいのに。

悪しき新卒至上主義が根強かった時代の象徴だと思います。

大学生に一番伝えたいこと

自分が大学生だったら就活せずにこんなことやります。

  • ベンチャーでインターン
  • そのままベンチャーで働くか起業

結果的に、就活という道を歩むならそれはそれで仕方ありません。

ただし、そういう人にはこう伝えたいです。

  • 大手だからという軸で会社選びしないこと
  • 安易に営業職を志望しないこと

実体験をもとに就活生に贈る心からのメッセージです。

私はいわゆる典型的なサラリーマン。

何で就活をしたのか!?と言われると、ずっとバスケばかりやっていて、気づいたらせざるを得ない状況だったからです。

レギュラー取れる見込みもなければ、さっさと辞めてインターンするか学生起業していればよかった。

今になって後悔してます。

体育会系の学生は大手企業からのニーズがけっこう高いです。

というのも、厳しい環境や辛い境遇にも耐え抜く精神と肉体を持っている人材が多いから。

大手起業の営業として理不尽に耐え抜ける確率が高いと思われているんですね。

卒業後のことをあまり考えずに部活ばかりしていると、先輩たちが就活を始めます。

彼らが大手企業から内定をもらって晴れ晴れしく卒業をしていくのを目にすることに。

それが幸せになる唯一の方法だと思ってしまうのです。

そんな流れで私も大手日本企業から内定をもらい、皆から祝福されました。

大手でサラリーマンをやって感じたこと

1社目(大手日本企業・営業)時代

嫌だったりストレスを感じた事

  • 完全な年功序列
  • 残業して仕事をした気になっている人だらけ
  • 売上を上げ続けるのは無理ゲーな業界
  • 自社の製品やサービスを他社でも作れてしまう
  • 上司は部下に転職されないように必死
    • 「転職して成功してるやつ見たことない」とか吹きこんでくるww

良かった事

  • マーケティングに関連する仕事に携われた

良かったことは何もない、、と当時は思っていました。

今となっては1つだけありましたね。

それ以上にたくさんの嫌なことがあったことは間違いありません。

関連記事:大企業あるある:営業会議という壮大な雨乞い

関連記事:大企業あるある:レッドオーシャンを悲しく泳ぎ回る

上司や先輩たちもとても辛そうでした。。

関連記事:仕事を増やしたくないベテランのエア新規開拓

関連記事:大企業あるある:サボって寝てる部長…携帯カメラでパシャリ

2社目(大手外資系・営業)時代

嫌だったりストレスを感じた事

  • 競合他社に製品やサービスをすぐに真似されてしまう
  • いち営業では新しい製品やサービスを作れない

良かった事

  • 残業をしない文化
  • 前職より給料が上がった
  • 異動や退職、中途入社が頻繁にある

嫌だった事はもちろんありましたが、環境や給与は著しく改善されました。

1回目の転職で人生の質がかなり上がりましたね。

それでも営業という職種がゆえにつきまとう不都合やストレスを打破することはできません。

そこで助けられたのが社内公募というシステム。

マーケティングの部署がオープンポジションになった際に手を挙げ、本社でデジタルマーケティングの職種に就くことになりました。

2社目(大手外資系・マーケティング)時代

嫌だったりストレスを感じた事

  • 社長が近い
  • 決裁に時間がかかる

良かった事

  • スキルが身に付く
  • 製品やサービスを企画できる
  • 外部のセミナーに参加できる
  • 社外にネットワークができる
  • 新進気鋭のテックベンチャーと一緒に仕事できる
  • 英語が上達する
  • リモート勤務の文化がある

嫌だった事はさらに減りましたね。

「この先どうしようか、、」とモヤモヤと働いていた営業時代とは一変し、この道でのし上がって行こうと前向きになれました。

社外の面白いベンチャー企業と仕事したりと刺激をもらうことができました。

徐々にキャリアの方向性が社外に向き始め、「外で通用するスキルと実績を積みたい」とさらに仕事への熱が高まっていきましたね。

3社目(ベンチャー・マーケティング)時代←今ココ

嫌だったり不安に感じた事

  • 意外と堅い
  • リモート勤務や電話会議の文化が未熟
  • オフィスの人口密度が高い
  • 子育て世代が少ない

良かった事

  • 給料があがった
  • サービスに独自性がある
  • 売り上げノリノリ
  • 社員もノリノリ
  • 裁量が多い
  • 決裁が早い
  • エンジニアと仲良くなれる
  • Tシャツ・短パン・サンダルOK

驚いた事

  • 文化の違い
  • 社長のアクが強い
  • 大手から転職して入社してくる人が多い(特に営業)

文化が違いすぎるため若干の戸惑いもありましたが2日くらいで慣れます。

圧倒的によかった事の方が多いです。

めちゃめちゃ活気があります。

ここにいる若手の社員ははつらつと仕事してます。

新卒時代の私とは真逆です。。

まとめ

進むべき道を決めてそこを突き進むように仕事をするようになって人生が変わりました。

もっとはやく気付きたかった。

その経験を踏まえて、大学生に伝えたいことは周りに流されるなということ。

  • 大学生は部活するな!
  • 大学生は就活するな!
  • インターンして実戦経験を積め!
  • 大手志向を捨てろ!
  • 安易に営業職を選ぶな!

周りの雰囲気で何となく就活をはじめ、大手に入ったら勝ち組。

なんて考えになってしまっては危険です。

大企業もいつ東芝みたいなことになるかわかりませんからね。

大手銀行でさえめちゃめちゃリストラする時代です。

さすがに昔ほどは大手志向の流れはなくなってきているでしょう。

これからは本音のやりたい事をベースに企業や職種を選べる時代です。

起業することだってできるのですから。

本当は年収800万もらってもいいんじゃない?

まだ自分の適性年収把握していないの?

ビッグデータ×AIで自分の想定オファー年収をいますぐ算出!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です