大企業あるある

【実話】希望に胸を膨らます新卒の心をへし折る大企業の話

新卒時代のゾッとする話

考えただけでもゾッとします。

もし転職していなかったら。

おそらく、心は病み、身体にも変調をきたし、取り返しのつかない事になっていたかと思います。

サラリーマンの仕事で往々にしてあるのは、他者から仕事を引き継ぐ事です。

そして悪いケースでは、その仕事のスキームが既に破綻している事がしばしばあります。

営業として新卒で入社した1社目時代、破綻した仕事がまっさらな希望に満ち溢れた無垢な新入社員に平気で引き継がれていました。

  • 古株の先輩たちがバブル期のイケイケドンドン時代にドンブリ勘定で進めていた仕事
  • 今ほどコンプライアンスがうるさく言われない中で、アウトな会計処理で回していた仕事

そんな破綻した仕事を引き継いだ経験がまあまあたくさんある私gejigejiです。

今回はそんな事例をいくつかご紹介したいと思います。

前任者がクライアントからぼったくりまくってた!

クライアント側の担当者も巻き込んで適当なコスト管理をしていたケースです。

まさにバブルの遺産。

単なるショボいデジタル系の定期案件で他社なら50万円程度でやれる事が、500万円で進めていました。

いわゆる「ぼったくり」をしていたケースです。

私が引き継いだ時には、そのクライアント側の担当者は去り、自社側の前任者もとっくに担当を外れていました。

そして時間は経ち、クライアント側の予算管理が厳しくなりました。

全ての案件に相見積もりを取る事が方針として決定。

そこからがもう地獄ですね。

競合の見積もりと比べると10倍もする我々はもう泥棒扱いです。

今さら値段を下げても、

よくもまあ、今までこんなにぼったくってくれたね。

当然こうなりますよね。

不信感マックスです。

いや、これは先輩が…

なんて言い訳も通用するわけもなく、仕事をどんどん競合に獲られていくのでした。

もろ刃の剣を振りかざす

そうなる以前から、激烈に高い見積もりに気づいていた自分はアラートを上げ、企画部隊とも調整してコストを下げるように努力もしました。

が、それは営業である私にとって諸刃の剣。。

売り上げを自分で削るという行為なのです。

それでも、クライアントから信頼してもらう事を第一に考え、

削った分は他でカバーすればいい!

と頑張りましたがそれも間に合わず。

最終的にはあっけなくその案件には競合が参入してきました。

うちの金額を削減したお金を充てても、クライアントにはお釣が来たことは言うまでもありません。

前任者がグレーな会計処理をしていた

大企業では広告や企画部隊がグループ子会社であったりします。

すると、彼らに対して営業が企画を発注し、作業を依頼するという構図になります。

そうなると何が起こるかというと、事務処理がめちゃくちゃ増えるのです。

昔の人は不正で事務処理を免れていた

同じ冠をもった会社であるのに、発注というプロセスを経て、事務処理をしないと仕事を進められないのです。

クライアントに提案するためのプレゼン用の企画書作りやリサーチをする際もそうです。

発注しないといけないのです。

子会社の企画部隊は親会社から仕事を受注して売り上げを作るのです。

その案件が受注できるかどうか分からないとしても、発注という行為が必要です。

もしそれが受注できなかった場合はさらに面倒で、追加で社内プロセスが発生します。

大昔の人たちはその企画費を他のクライアントの案件から補填したりして、その面倒なプロセスを軽減したりしていました。

さらに私が運が悪かったのは、その「他案件から補填する」やりくりが、ワンショットのものではなく継続案件に仕込まれていたのです。

毎月のように他のクライアントの仕事の利益から補填する。

それをやらないとその案件が回らないのです。

ところが、私が新卒で入社したあたりから内部統制が非常に厳しくなり、そういった「他案件から補填する」行為の禁止が強く言われ始めました。

管理部門からは、

ガチでコンプライアンス違反の不正行為だから止めるように!

とのお達しが出る始末。

そんな案件ばかりじゃないか!

さすがに危機感を覚えた私は、上司にも相談して複雑に絡み合ったコストを紐解こうとします。

そういった不正な案件は報告し、解決に向けて動きはしましたが、本来やりたい仕事では当然ありません。

まったく面白くなかったし、時間を無駄にしている感じが本当にやるせなかった。。

前任者を問い詰める事も無意味

まあ、その前任者が自分のトレーナーであったり、前々々任が当時の部長だったりするわけです。

当然、相談しても煮え切らない回答しか返ってきません。

そんな中、途中で私の課長になった人は、相談を受け止めてくれて一緒にひとつずつひも解いてくれました。

しかし、全く面白くありません。

ほとんどの同期が同じような状況に遭遇していたでしょうか。

引き続き不正なスキームを踏襲する者もいれば、粛々と膿を洗い出す者。

踏襲すれば自分も同罪、膿を洗い出すのは本当に面白くありません。

クリエイティブな仕事がしたいと希望をもって入社したのに

クリエイティブな仕事がしたいと、大手の広告代理店をメインに活動した就職活動。

広告代理店への入社は叶わずも、

印刷会社でも企画提案営業という事でクリエイティブな仕事ができる!

と、希望を持って入社した私にとっては本当に現実は厳しいものでした・・・

そんな感じでクライアントからの信頼もなかなか上がらず、社内に対してトレーナー・上司に対しても不信感は増すばかりです。

そして上記以外にも先輩営業の仕事や売り上げに対する姿勢などいろいろな不満を抱えながら仕事をしていくうちに・・・

ついに身体に変調をきたしはじめます。

胸の上の方が痛いなぁ。。

と感じる事がしばしばありました。

それでも、水や酒を飲んだり食事を摂ったりするとやわらぐのです。

おかしいなぁと思いつつもごまかしごまかし、クソみたいな仕事に奮闘をしていました。

まさかの胃潰瘍

さらに体調は悪化していきます。

激烈早朝に目が覚めてしまうのです!

家を出る時間が8時前とすると、4時・5時に目が覚めてしまうのです!!

そこから頑張って「もっと寝なきゃ、もっと寝なきゃ…」と目を閉じるのですが、目を閉じているだけでまったく眠れないのです。

よくよく思うとこれは身体だけでなく、精神も病みはじめた前兆だったのかもしれません。

思い切って私は病院に行き、胸の痛みを告白しました。

ほどなくして胃カメラを飲んで中を見てみたところ、あるわあるわ、胃の入り口から食道にかけて無数の穴ぼこ。。

新卒の皆さんに伝えたい

私は「このままではマズイ!」と思い、逃げるように転職サイト(リクナビNEXT)に登録したのでした。

そして、内定を取り付けます。

そこから上司に打ち明けて退職の意向を告げると、鬼の引き留めに遭います。

まあその様子は後日記事にするとして、私は転職をして心底よかったと思っています!

今となっては、自分が新卒時代に夢見たクリエイティブなマーケティングの仕事が出来ています。

出社や退社などの勤務時間のコントロールも自分で自由にできる環境に身を置く事ができています。

特に転職後に結婚をし、子供を授かり、1社目時代ではまず不可能だった家庭・子育てへの参加ができています。

それが本当にうれしいですね。

前職の時は、よく子持ちの先輩社員からこんな事を聞かされていました。

  • 夜、子供たちがとっくに寝静まった後に帰宅
  • 朝、子供たちが寝ている間に家を出る
  • 子供は自分の顔を覚えていない
  • 休日にはなぜか家に居るオッサンだと思われている

等々。。

当時はネタとして聞いて笑っていましたが、子供ができた今はぞっとしますね。。

ちょっと煩雑な文章になってしまいましたが、転職という変化を起こした結果、以前よりもはるかに生活・給与レベルまで上げる事ができ、心から満足しています。

関連記事:大企業あるある:営業会議という壮大な雨乞い

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です