30代の転職

【転職サイトGreen体験談】カジュアル面談ならではのメリットを感じた話

Greenグリーン転職サイト

普通の採用面接では、分からないことを「分からない」と言いにくい雰囲気ってありますよね。

カジュアル面談ならそれが気兼ねなく言える。そのお陰でコミュニケーションがかなりスムーズになり、お互いに収穫の多い面談になります。

今回はそれを実感した話。

株式会社エムアウトさんとカジュアル面談した際に、社長から「うちの事を周りの知り合いにたくさん宣伝しておいて」と言われたので、記事にしておきます!

Greenに登録してカジュアル面談を行うまでのプロセス

IT・ウェブ業界に強い転職サイトGreen

Greenグリーン転職サイト

今回利用した転職サイトは、IT・Web業界の転職に強いというGreen(グリーン)。

簡単なプロフィールなどを登録するとすぐに求人を見始めることができます。

話を聞いてみたいボタンがとても便利

転職サイトGreenグリーン話を聞いてみたいボタン

ふと、株式会社エムアウトの求人が目に留まり「話を聞いてみたい」をポチっ!

早速、数時間後には、

カジュアルに面談してみませんか?

というメッセージを送ってきてくださいました。

そんな流れで、カジュアル面談へ。

いざ株式会社エムアウト社とカジュアル面談

お時間いただいてありがとうございます!

こちらこそ興味を持っていただいてありがとうございます!

爽やかな挨拶の応酬ですw

何でこの会社に興味を持ったかと言うと、事業内容がとてもユニークだったから。

スタートアップファクトリーという看板を掲げていて、新規事業を立ち上げては育てイグジットまで持っていく事を繰り返しているんだそうです。

当時、スタートアップやベンチャー企業にかなり強く興味をひかれていた私にぶっ刺さったわけです。

話してわかったエムアウト社の面白いところ

新規事業に必要な資金は事業売却した際の資金を使うとのことで、驚きました。

古くから作っている製品や提供しているサービスありきの会社で働いてきた身としてはかなり新鮮でしたね。

だいたいの企業は既存の事業で生み出した収益をさらにその事業を成長させるために投資しますよね。(ときには近い領域の他の事業などもありますが)

入社したら何がしたいかと質問されて戸惑った

会社の事業内容の話ばかり聞いていたところ、突然こんな質問が来ました。

頑張って考えてみても、

こんな新規事業を立ち上げたいです!

なんてビジネスアイデアがその場では全然浮かんで来ません。

大企業は完全に縦割りの分業制です。

料理で例えると、

  • メニューを考える人
  • 材料を買う人
  • 切る人
  • 焼く人
  • 味付けする人
  • 盛り付けする人

、、、といった感じでブツ切りになっています。

そんな環境で働いてきた私のような人が、新規事業のアイデアを出そうと思っても、パッと思い浮かばないのは無理も無いですね。

正直に肩肘張らずに話せるのがカジュアル面談

その旨を正直に話すと、先方はこのように言いました。

  • すぐにアイデアが出せる人ならとっくに企業してる
  • 重要なのはビジネス環境についてよく知っている事
  • 明確なビジネスアイデアを持って入社してくる人はほとんどいない

確かに。w

エムアウト社に入社する人はほぼ中途入社で、既存のビジネスの古い慣習や当たり前と思っている事の中に漠然と課題感を持っている人たち。

でも明確にやるべきことの詳細まで描ききれてない人たち。

そんなレベル感との事です。

そんな人たちが集まって、事業立ち上げから育成・イグジットまでをやるスタイルなんだとか。

1つの事業の構想からイグジットまでを一気通貫で経験する事ができる会社なのかも知れません。

まとめ:この面談がもしオフィシャルの採用面接だったら?

突然の質問にテンパって変な受け答えをしてしまう可能性ありますよね。

肩肘張らずにコミュニケーションが取れたからこそ、エムアウト社についてより深く知ることができました。

カジュアル面談という雰囲気だったからこそ、肩肘張らずにコミュニケーションが取れたということです。

また1つ、ユニークな会社に出会えました。

本当は年収800万もらってもいいんじゃない?

まだ自分の適性年収把握していないの?

ビッグデータ×AIで自分の想定オファー年収をいますぐ算出!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です