30代の転職

実際の面接官が語る!必ずする質問と回答例

面接官が語る、志望者のココを見る

ズバリ端的に言うと以下の2点ですね。

  • 今の業界、今の会社に対してどんな不満があるのか
  • うちの会社で何がしたいか

私はつい先日転職して早速マーケティング担当者の採用面接をやってます。

面接の際は上記の視点で志望者を見てます。

この記事を読めば、転職志望者が自分の職務経歴書などのレジュメを作成したり、面接の準備をするのに役に立つと思います。

今の業界・今の会社に対してどのような不満があるのか

これで何を推し測りたいかというと、

その人の行動軸です。

これを確認すると、うちの会社にその人が入って来た場合、どのようなスタンスで働いてくれるかイメージが付きます。

質問例

  • どうして転職しようと思ったのですか?
  • どうして会社を辞めようと思ったのですか?

これは絶対に聞きます。

ぶっちゃけて言うと、転職をしようとする人には必ず不満があるものです。

その不満を持つ過程が人それぞれで、採用する側から評価されるケースとされないケースに分かれてきます。

評価されない回答例

  • 事業や業界の成長性がないので転職したい

事実なんでしょうけど、これだけ言い放たれても、、って感じですね。

自分のしたいことやなりたい姿を描いておらずただ伸びてる会社や業界などの好条件を探しているだけに聞こえます。

優しい面接官だと追加の質問でもっと深掘りしてくれるかもしれませんが、みんながみんなそういうわけではありません。

評価される回答例

  • XXをやりきったので次のステージに行きたい

これ、評価されない回答と全然違う回答に聞こえますよね。

でも、評価されない回答と本質は同じ事を言ってます。

自分の力では変えられない物事には執着せず次のポジションを探しているということになるんですが、聞こえかたは全く違ってきます。

後者の方が敢えて未知の世界に飛び込んで自分を高めたいという意欲を感じます。

それにXXをやりきったと具体的に言い切るのは好感が持てますね。

うちの会社で何がしたいか

これを採用担当者に具体的に伝えられると高評価になります。

説明した相手に具体的にイメージさせる事ができる人だと、それなりのスキルと経験を持っている事を見込めますからね。

質問例

  • ご経験されてきた事をどのようにうちで活かそうと思ってますか?
  • うちの会社で何をしたいですか?

単刀直入系でシンプルな質問ですが、とても重要です。

こっちも人手が足りなくて必死です。

優秀でスキルのある人が喉から手が出るほど欲しい状態です。

評価されない回答

  • 色々な部署と連携してプロジェクトや事業を成功させたい

漠然としてますよね。

他の部署と連携しない仕事なんて会社にはないです。

ときどき聞くのが「架け橋」という言葉です。

様々な人たちを繋ぐ架け橋となって組織運営がスムーズに進むようにしたいです!

新卒でも要らないですよね。。。w

評価される回答

  • 売り上げを作る過程のなかでXXというところにYYを使ってZZできるようにチャレンジしたい

どこに対してフォーカスしていて、何をもってどんな結果をもたらしたいかを具体的に語れていますよね。

会社にとってXXやZZが最大のミッションではないかも知れません。

が、YYの部分で具体的なスキルや知見があることが分かります。

何と言っても得られる情報をもとに分析して仮説を立てている時点で前者とは大違いです。

まとめ

当然、質問は2個だけじゃなく、話の流れの中でいくつかします。

それでも上記の2つに関する質問は必ずするようにしています。

嘘は論外ですが、本質的に同じ事を伝えるにしても伝え方で相手に与える印象が大きく変わります。

意識して回答すると自分の価値を最大化できるはずです。

ぜひ自分について語る際は相手にどんな印象を与えるかを考えて組み立ててみてくだい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です