30代の転職

カジュアル面談のその後のプロセス

カジュアル面談のその後のプロセス

ベンチャーに転職してからは採用面接やカジュアル面談をする側に回っていますgejigejiです。

実際に私も転職活動の序盤でカジュアル面談を体験しています。

関連記事:転職サイトGreen経由でカジュアル面談!(株式会社エムアウト)

関連記事:カジュアル面談とは?流れと注意点まとめ(Wantedly体験談)

最近流行りのカジュアル面談について、その後のプロセスを説明します。

カジュアル面談ってフワッと終わってしまいがちなのです。

これはもったいないです。

興味が増したなら、その後のステップを明確にしてカジュアル面談を終えるようにしましょう!

採用面接に進む

志望者も企業側もカジュアル面談でお互いの事を知って興味を持ったならば、正式な採用の面接に後日進むことになります。

カジュアル面談でその企業の事業の展望や抱える課題、チャレンジしようとしていること、そこで働く人たちの雰囲気など何でも聞くようにしてください。

企業の採用担当側も色々と質問してもらった方が嬉しいはずです。

最初は興味がなくても、カジュアル面談後に強く興味が湧くケースは結構ありますよ。

落ちる事もあります

カジュアル面談を選考のプロセスに組み込んでいる企業もあります。

つまり選考の結果、落ちることもあるということです。

最初は全く知らなかった、転職エージェントにおすすめされて何となく話を聞きに来た、そんな人も多いと思います。

そんな人も実際話を聞いてみて、面白そうと感じることもあれば、やはり興味が湧かなかったということも。

それは企業側も同じです。

求めている人材像とマッチしない人にはそれ以上時間を使いたくないものです。

カジュアル面談後に確実に正式な採用面談に進めるとは限らないのです。

内内定が出るケース

すぐ来て欲しい!となる場合だってあります。

特にベンチャーは人手が足りません。

事業内容がかなりイケてて伸びるベンチャーほど人手不足です。

その場で内々定が出て、次に役員面談や社長面談を問題なく終えれば内定となるケースもあります。

実際に私はそれを2社で体験しました。

物凄いスピード感でした。

それだけ今は売り手市場だということです。

しっかりと意思を伝えてその後の選考へ

カジュアルというだけあってフワッと終了するケースは多々あります。

スキルがあることは感じたけどうちの事業に興味もってくれなかったかな。

企業側もこんな感じで手応えをつかみかねてます。

この会社面白そうだけど、自分をそこまで必要としてないかな。

転職志望者もこんな感じで、すれ違う時もあります。

少しでも気になったらその意思を伝えてその後のプロセスを明確にしておいてください。

凄く興味が湧いたのですが、この後のプロセスはどうなりますか?

こんな感じで単刀直入に聞いてみるのも良いと思います。

転職サイト経由や転職エージェント経由で次のプロセスを必ず連絡してもらいましょう。

そして、正式な採用面接の日程が決まったら、しっかりと準備をしておきましょう。

関連記事:転職希望者必見!オファーが来る職務経歴書の書き方

関連記事:実際の面接官が語る!必ずする質問と回答例

まとめ

カジュアル面談と言ってもこの仕組みを使って志望者をふるいにかける事も多々あります。

その点では通常の採用面接と同じです。

違う点はそこまでその企業の事を深く研究していなくても良いという点です。

その点は企業側もそこまで期待していません。

ただし、全くの準備無しで臨むのは危険ですので、ある程度は準備をされておいてください。

最低限の準備は以下の記事にまとめています。

関連記事:カジュアル面談の準備は何をしたらいいの?

うまく活用してその後のステップに進まれてください。

カジュアル面談の機会を増やしたい方はこちらの記事も参考にされてみてください。

関連記事:Wantedlyの足跡とは?スカウト増につながるその機能と使い方について

本当は年収800万もらってもいいんじゃない?

まだ自分の適性年収把握していないの?

ビッグデータ×AIで自分の想定オファー年収をいますぐ算出!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です